いまを生きるとは?

いまを生きる

原題:Dead Poets Society
製作国:アメリカ
製作年:1989
配給:ワーナー・ブラザース映画配給
スタッフ
監督:Peter Weir ピーター・ウェアー
製作:Steven Haft スティーヴン・ハフト

Paul Junger Witt ポール・ユンガー・ウィット

Tony Thomas トニー・トーマス
脚本:Tom Schulman トム・シュルマン
撮影:John Seale ジョン・シール
音楽:Maurice Jarre モーリス・ジャール
美術:Wendy Stites 
字幕:松浦美奈 マツウラミナ
キャスト(役名
Robin Williams ロビン・ウィリアムズ (John Keating
Robert Sean Leonard ロバート・ショーン・レナード (Neil Perry
Ethan Hawke イーサン・ホーク (Todd Anderson
Josh Charles ジョシュ・チャールズ (Knox Overstreet
Gale Hansen ゲイル・ハンセン (Charlie Dalton
Dylan Kussman ディラン・カスマン (Richard Cameron
Allelon Ruggierto  (Steven Meeks
James Waterson  (Gerard Pitts
Norman Lloyd ノーマン・ロイド (Mr.Nolan)
Kurtwood Smith カートウッド・スミス (Mr.Perry)
Carla Belver  (Mrs Perry
Leon Pwonallc  (McAlister
解説
59年ニューイングランド全寮制学院舞台に、学生たちの愛と生、そして死を描くドラマ。製作はスティーヴン・ハフトポール・ユンガー・ウィット監督は「モスキート・コースト」のピーター・ウィアー脚本トム・シュルマン撮影ジョン・シール音楽モーリス・ジャール担当出演ロビン・ウィリアムスイーサン・ホークほか。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
59年バーモント全寮制学院ウェルトン・アカデミーの新学期に、同校OBという英語教師ジョン・キーティング(ロビン・ウィリアムス)が赴任してきた。ノーラン校長ノーマン・ロイド)の下、厳格な規則縛られている学生たちは、このキーティング風変わり授業に、最初とまどうものの、次第行動力刺激され、新鮮な考え目覚めてゆくのだったある日生徒ニールロバート・ショーン・レナード)は学校の古い年鑑に、キーティング学生時代に『デッド・ポエッツ・ソサエティ』というクラブを作っていたことを見つけ、ダルトンゲイル・ハンセン)やノックスジョシュ・チャールズ)らと共に近く洞窟クラブ再開させる。ニール同室である転校生トッドイーサン・ホーク)も、誘われるままそれに加わった。そして彼らは自らを語りあうことで自分やりたいものは何か自覚してゆくのだったノックスクリス(アレキサンドラ・パワーズ)という娘との恋を実らせ、ニール俳優を志し『真夏の夜の夢』の舞台に立った。しかし父親カートウッド・スミス)に反対され、陸軍士官学校転校せられることになったニールは自ら命を絶った。この事件捜査する学校側は、退学処分切り札にデッド・ポエッツ・ソサエティのメンバー証言強要し、やがてそれは煽動者としてキーティング責任問題に結びつけられ、彼は退職余儀なくされるキーティング学院を去る日、トッドたちは校長制止も聞かずの上に立ちキーティングを見送る。それは彼らのせめてもの抵抗証しであった。

いまを生きる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/11 21:57 UTC 版)

いまを生きる』(原題: Dead Poets Society)は、1989年アメリカ映画である。ロビン・ウィリアムズ主演、ピーター・ウィアー監督。第62回アカデミー賞脚本賞を受賞した。映画の公開にあわせてナンシー・H・クラインバウムによるノヴェライゼーションが出版されている。




  1. ^ Dead Poets Society (1989)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年8月11日閲覧。
  2. ^ この映画で出てくる詩はウォルト・ホイットマンの「おお、船長! わが船長よ!」(O Captain! My Captain!)、ロバート・ヘリック(Robert Herrick)の「乙女たちよ、時を惜しめ」(To the Virgins, to make much of Time)ジョージ・ゴードン・バイロンの「かの女(ひと)は美に包まれて歩む」(She Walks in Beauty)ロバート・フロストの「行かなかった道」(The Road Not Taken)ウォルト・ホイットマン「おお、この身! おお、この命よ!」(O Me! O Life!)、エイブラハム・カウリーの「予言者」(The Prophet)、アルフレッド・テニスンの「ユリシーズ」(Ulysses)、ヴェイチェル・リンゼイ(Vachel Lindsay)の「ザ・コンゴ」(The Congo)などである。
  3. ^ 劇中ではJ・エバンス・プリチャード博士の著書『Understanding Poetry(詩の理解)』が英語科の教科書として採用されている。プリチャードはこの映画のために創作された架空の人物であり、現実にはそのような文学博士も教科書も存在しない。


「いまを生きる」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

いまを生きるに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

いまを生きるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

松本葵

糊濃度計

三宝寺池の鳥と水と樹々の音

木和田川砂防八号堰堤

新築

5000系

クロスハンド グリップ

クロスステッチ用布地





いまを生きるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのいまを生きる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS