いぶきもちとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > いぶきもちの意味・解説 

いぶきもち【イブキモチ】(食用作物)

※登録写真はありません 登録番号 第8364号
登録年月日 2000年 10月 4日
農林水産植物の種類 小麦
登録品種の名称及びその読み いぶきもち
 よみ:イブキモチ
品種登録の有効期限 20 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
品種登録者の住所 茨城県つくば市観音台三丁目1番地1
登録品種の育成をした者の氏名 山口勲夫、乙部千雅子、柳澤貴司、長嶺敬、牛山智彦
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は,「きぬいろは」に「谷系A6099」を交配し,半数体育種法により育成された固定品種であり,育成地(茨城県つくば市)における成熟期は中,短稈アミロース含量極少のもち性品種である。叢性及び開閉は中である。稈長は短,稈の細太は中,剛柔はやや剛,ワックス多少は少,葉色は中,葉鞘ワックス多少は少,毛の有無多少下垂度及びフレッケン有無多少は中である。穂型は紡錘状,穂長はやや短,粒着の粗密は密,穂の抽出度はやや短,ワックス多少は無~極少有無多少及び長は中,ふの色は黄である。粒の形及び大小は中,色は褐,千粒重はやや小,原麦粒の見かけ品質は中の中である。うるち・もちの別はもち,播性の程度出穂期及び成熟期は中,耐倒伏性はやや強,穂発芽性及び脱粒性は中,収量性はやや少である。粒の硬軟は中,粒質は紛状質,製粉歩留及びミリングスコアはやや低,60%粉粗蛋白質含有量はやや少,60%粉アミロース含量極少,粉の白さ及び明るさはやや低,色づきは中,吸水率高,最高粘度は中である。しま萎縮病抵抗性は強,赤かび病抵抗性はやや強,うどんこ病抵抗性はやや弱,赤さび抵抗性は強である。「農林61号」と比較して,稈長が短いこと,ふの色が黄であること,うるち・もちの別がもちであること等で,「関東107号」と比較して,稈長が短いこと,千粒重小さいこと,うるち・もちの別がもちであること等で区別性が認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は,平成4年農業研究センター茨城県つくば市)において,「きぬいろは」に「谷系A6099」を交配し,その雑種第1代にトウモロコシ花粉交配し,以後半数体育種法により育成6年にもち性の半数体倍加個体選抜7年目標とする特性を有していることを確認して育成完了したものである。なお,出願時の名称は「もち谷系H1884」であった。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

いぶきもちのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アバンダンス

ブロービーズ

S001

薩摩硫黄島

水平対向

培土機

8900形

コリドラス・デルファクス





いぶきもちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ

©2017 Weblio RSS