あめとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > あめの意味・解説 

あま 【天】

あめ(天) 」に同じ。多く助詞「つ」あるいは「の」を介して他の語を修飾し,また直接複合語をつくるときの形。 「 -の白雲見れど飽かぬかも/万葉集 3602

あめ [1] 【天】

空。天。あま。 ↔ (つち) 「み園生百木散る花し-に飛び上がり降りけむ/万葉集 3906
天上界。 「 -にます月読つくよみをとこ/万葉集 985

てん [1] 【天】

に対して,頭のはるか上をおおって無限に広がる空間大空。あめ。 「 -を仰ぐ」
にいて,万物支配するもの。造化の神天帝。 「 -の助け
定め運命天命。 「唯是-にして,汝が性(さが)つたなきを泣け/野ざらし紀行
〘仏〙
衆生生死流転する六道のうち,最上部にある最も苦悩少な世界欲界六欲天色界四禅天無色界の四無色天など。
キリスト教で,天国のこと。 「 -にまします我らの父よ」
荷物掛軸など,上下の定まっているものの上の方。 ↔ 「 -地無用
本の部分の名。製本で,本の三方の断ち口のうち上にあたる部分。 → 製本
天地または天地人と)二段階または三段階に分け時の最上のもの。 「敵役の-ぢや/浄瑠璃男作五雁金
[句]
天から降ったか地から湧いたか天勾践を空しうすること莫れ時に范蠡無きにしも非ず天之に年を仮す天定まって亦能く人に勝つ天知る地知る我知る人知る天高く馬肥ゆ天高し天にあらば比翼の鳥地にあらば連理の枝天に口無し人を以て言わしむ天に順う者は存し天に逆う者は亡ぶ天に跼り地に蹐す天に唾する天に二日無し土に二王無し天に召される天にも昇る心地天の与うるを取らざれば反って其の咎めを受く天の濃漿天の時は地の利に如かず地の利は人の和に如かず天の作せる孽は猶違くべし自ら作せる孽は逭るべからず天の配剤天の美禄天は高きにいて卑きに聴く天は二物を与えず天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず天は自ら助くるものを助く天は見通し天を仰いで唾する天を怨みず人を尤めず天を衝く天を摩する

【てん】[漢字]

【 天 】 [音] テン
そら。 「 天下天空天際天上天心天体天地天文仰天暁天秋天衝天中天満天天変地異
上方。 「 天蓋てんがい天井天地無用
空もよう。 「 天気天候雨天 ・炎天荒天晴天曇天
万物支配する神。 「 天為天運天災天誅(てんちゆう)天帝天然天罰天命天佑てんゆう天理
生まれつき。 「 天才天資天職天性天賦天分
〘仏〙天上界。また,そこにいる神。 「 天人天部梵天有頂天持国天帝釈天たいしやくてん)
キリスト教でいう天国。 「 天国天使昇天
【 典 】 [音] テン
大切な書物。ふみ。 「 典籍楽典経典外典(げてん)古典字典辞典聖典内典仏典文典宝典
おきて。のり。 「 典型典範典例恩典教典法典
根拠がある。一定の型。 「 典雅典拠典故典麗出典
儀式。 「 典礼祭典式典大典特典
つかさどる。 「 典獄典侍典薬
(しち)入れ。 「 典当典物典舗
【 店 】 [音] テン
みせ。 「 店員店主店頭店舗支店商店売店本店露店飲食店喫茶店代理店
旅館。 「 旅店
【 恬[音] テン
心しずか。 「 恬安恬淡恬澹てんたん
平気でいる。 「 恬然
【 点 ( 點 ) 】 [音] テン
小さいしるし。 「 点在点字点線点滴点綴てんていてんてつ) ・点点点描汚点灸点(きゆうてん黒点斑点
符号記号。 「 点本訓点濁点句読点
いれる。 「 点眼点景画竜点睛(がりようてんせい)
火をつける。ともす。 「 点火点灯点滅
調べる。 「 点検点呼
限定された場所・位置部分。 「 観点拠点欠点弱点終点重点地点難点美点氷点沸点要点論点出発点発火点
批評のしるし。評価数値。 「 点者点数合点(がてん)採点同点得点批点評点満点及第点 ・最高点平均点落第点
を入れる。たてる。 「 点茶
漢字字画の一。 「 点画
うなずく。 「 点頭
【 展 】 [音] テン
平らにのばす。ひらく。 「 展翅(てんし)展性親展
並べて見せる。 「 展観展示展墓展覧
さらに大きくひろがる。 「 展開 ・進展 ・発展
見わたす。 「 展望
展覧会」の略。 「 院展写真展美術展 」
ころがる。 「 展転
【 添 】 [音] テン
そえる。つけ加える。 「 添加添削添書添付
【 甜[音] テン
うまい。味がよい。あまい。 「 甜瓜(てんか)甜菜
【 転 ( 轉 ) 】 [音] テン
まわる。まわす。 「 転舵(てんだ)回転空転公転自転反転
ころぶ。ひっくりかえる。 「 転倒転落横転動転
まわりながら進む。まわしながら動かす。 「 運転 」
移る。移す。
別の場所・方向・状態などに変える。また,変わる。 「 転移転音転訛(てんか)転嫁転学転換転記転義転居転業転勤転向転校転載転出転職転送転地転入転任転売移転栄転
うつりかわる次々と別の状態になる。 「 変転流転(るてん)
【 奠[音] テンデン
供え物をしてまつる。供え物。 「 奠茶祭奠釈奠せきてん(しやくてん) ・香奠こうでん乞巧奠(きつこうでん
おく。さだめる。 「 奠都
【 塡 】 [音] テン
うめる。つめる。 「 塡充塡塞てんそく塡補充塡装塡補塡
【 殿 】
⇒ でん〔殿〕 [漢]
【 篆[音] テン
漢字書体の一。 「 篆刻篆書篆文篆隷小篆大篆
【 顚 [音] テン
頂きてっぺん。 「 山顚絶顚
はじめ。もと。 「 顚末
さかさまになる。たおれる。 「 顚倒顚沛てんぱい顚覆
【 纏[音] テン
まとう。まつわる。 「 纏繞(てんじよう)纏足纏着纏頭纏縛纏綿
【 癲[音] テン

あめ [1] 【雨】

空から降ってくる水滴大気中の水蒸気高所気温冷却により凝結水滴となって落ちてくるもの。また,それが降る天候雨天。 「 -がやむ」 「 -に煙る」 「恵みの-」 「曇のち-」
のように)絶え間なく降りそそぐもの。 「涙の-」 「弾丸の-」 〔複合語をつくる場合「あま」「さめ」となることがある。「あまぐ(雨具)」「あまぐも雨雲)」「はるさめ春雨)」など〕

あめ [0] 【飴

〔「甘し」の「あま」と同源
・米などのデンプン糖化させた甘い,粘り気のある食品良質のものは淡黄色で透明。菓子原料調味料ともする。 「 -をなめる」
飴色」の略。

あめ 【 鯇


あめ [0] 【 灝 ・〈豆汁〉】

味噌醬油造るために,大豆を煮た時に出る汁。


編め

読み方:あめ

マ行五段活用動詞「編む」の命令形

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

あめ

方言 意味
あめ 味が薄い、、飴、あまい


あめ

単語 発音 意味、用例 関連語
あめ あめ 【形】 味が薄い。「しょっぺ」の反対
甘い場合は「あまこい」を使う
しょっぺ
あまこい

»仙台弁の発音についてはこちら

読み方:あめ

  1. 詐欺賭博其他にて相手乗気にさす為に勝負故意負ける事。又甘言を以て人を欺罔する事を云ふ。斯様な事を「あめをくわす」〔関東地方〕、「あめをねぶらす」と云ふ。〔関西地方
  2. 詐欺賭博その他に相手乗気にさせるために勝負故意負けること。②甘言をもって欺罔すること。このようなことを「あめをくわす」〔関東〕、「あめをねぶらす」〔関西〕。

分類 関東関西

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
あめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/15 16:34 UTC 版)

(あめ から転送)

(あめ)は、デンプンを糖化して作った甘い菓子、および、砂糖やその他糖類を加熱して熔融した後、冷却して固形状にしたキャンディなどを指す[1]。固形の飴を固飴(かたあめ)、粘液状の飴を水飴(みずあめ)と呼び、大別する[1][2]




  1. ^ a b 、和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典、コトバンク、2012年9月7日閲覧。
  2. ^ 大辞林 第三版『固飴』 - コトバンク、2012年9月7日閲覧。
  3. ^ a b デジタル大辞泉、コトバンク、2012年9月7日閲覧。
  4. ^ 『これは重宝漢字に強くなる本』十三版 編集:佐藤一郎、浅野通有 出版:株式会社光文書院 1979/06/15発行/十三版発行/発行者:長谷川凱久 印刷:日本デザイン工房、開成印刷、製本:小泉製本、高田紙器 全622頁622頁
  5. ^ 『佐久市志民俗編上』全1706頁中1338P 発行者長野県佐久市平成2年2月20日
  6. ^ “食品の窒息事故防止、検討始まる こんにゃくゼリー”. 47NEWS (共同通信社). (2010年3月24日). http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010032401000708.html 2010年4月20日閲覧。 
  7. ^ こんにゃく入りゼリー等食品による窒息事故に係るリスク評価に関連する情報 (PDF)”. 食品安全委員会 (2010年1月15日). 2010年4月20日閲覧。
    小林未来 (2010年1月14日). “こんにゃくゼリー「事故頻度、アメと同等」 食品安全委”. 朝日新聞 朝刊13版 (朝日新聞社): p. 29面. http://www.asahi.com/national/update/0113/TKY201001130387.html 2010年4月20日閲覧。 


「飴」の続きの解説一覧

あめ

出典:『Wiktionary』 (2012/04/13 14:55 UTC 版)

Wiktionary:漢字索引 音訓 あ#あめ

「天」「」は複合語形成する際に「あま」に変化することがある

名詞:天

あめ

  1. 上方
  2. (語義1を受け)等の形而上存在が住む世界
  3. (語義2を受け)等の形而上存在

語源

抽象的・高尚 < 単語家族 > 具体的・卑俗
< amë < ama+i < ama < amma ⇔ ömmö > 天の下 > 幼児語おんも

訳語: 天

関連語

名詞:雨

あめ

  1. 広範囲わたって空からが滴状になって落ちてくる天候又はその落ちてくる水滴
  2. 途切れず流れ続けたり降り続けることのたとえ

翻訳: 雨

関連語

名詞:飴

あめ

  1. 口に含み溶かして食べる固形又は粘性強い液状菓子デンプン質を糖化することにより作られる

翻訳: 飴

名詞:鯇

あめ【鯇】

  1. サケ科淡水魚甘子の別名。

名詞:豆汁

あめ【灝,

  1. 大豆煮汁










※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





あめと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「あめ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

あめのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

プッシュ式空調パネル

西郷従道

道路橋床版防水工法

おれんじHOPE

紙マーク

原油タンカー

VC667J/3XD

ウエストニッパー





あめのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
津軽語辞典津軽語辞典
Copyright (C) 2017. All rights reserved.
仙台名取弁仙台名取弁
Copyright (C) 2017 konnok All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのあめ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS