Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > CFD取引での損益の計算方法

CFD取引での損益の計算方法

 

CFD取引では、レバレッジや取引単位が銘柄によって異なるため、損益の計算方法がやや複雑です。また、海外の株式や株価指数、コモディティ、債券の場合は、その国の通貨で取引が行われるため、さらに計算が複雑になります。

ここでは、各商品ごとに例を挙げながら損益の計算方法を紹介します。

▼原油の損益の計算方法

原油の取引単位はCFD価格の10倍であることが多いようです。レバレッジは最大20倍までと決められています。取引通貨は米ドルです。

例えば、原油価格が84.60の時に100CFDの買い注文をした場合、必要証拠金は次の金額になります。なお、米ドル円のレートは79.30円としています。

必要証拠金額=84.60×100CFD×10倍×79.30÷20倍=335439円

その後、原油価格が84.70に値上がりすると、評価損益は7930円になります。

評価損益=(84.70-84.60)×100CFD×10倍×79.30=7930円

▼株価指数

株価指数の取引単位はCFD業者により異なり、CFD価格の0.1倍から10倍に設定されています。レバレッジは最大10倍までと決められています。通貨は、その国の通貨、あるいは、米ドルが用いられます。

例えば、イギリスのFTSE100に連動して値動きするCFDが5500.0の時に50CFDの買い注文をした場合、必要証拠金は次の金額になります。なお、英ポンド円のレートは122.40円、取引単位はCFD価格の0.1倍としています。

必要証拠金額=5500.0×50CFD×0.1倍×122.40÷10倍=336600円

その後、価格が5600.0に上昇し、英ポンド円のレートが120.50円に円高になった場合の評価損益は60250円になります。

評価損益=(5600.0-5500.0)×50CFD×0.1倍×120.50=60250円

ちなみに、円ポンド円のレートが変わっていなければ、評価損益は61200円になります。

評価損益=(5600.0-5500.0)×50CFD×0.1倍×122.40=61200円

このように、為替レートの変動によって評価損益が変わります。

▼株式

株式の取引単位はCFD業者により異なり、CFD価格の0.1倍から10倍程度に設定されています。レバレッジは最大5倍までと決められています。通貨は、その国の通貨、あるいは、米ドルが用いられます。

例えば、1株3700円のNTTの株式を1000CFD(1000株)売り建てする場合、必要証拠金は次の金額になります。なお、取引単位はCFD価格の1.0倍としています。

必要証拠金額=3700×1000CFD×1.0倍÷5倍=740000円

その後、価格が3500円に値下がりした時の評価損益は-200000円になります。

評価損益=(3500-3700)×1000CFD×1.0倍=-200000円

なお、一部のCDF業者には売買手数料がかかる場合があります。

▼債券

債券の取引単位はCFD業者により異なり、CFD価格の100倍程度に設定されています。レバレッジは最大50倍までと決められています。通貨は、その国の通貨、あるいは、米ドルが用いられます。

例えば、日本国債先物の価格が135円、取引単位が100倍で100CFDの買い注文をした場合の必要証拠金は次の金額になります。

必要証拠金額=135円×100CFD×100倍÷50倍=27000円

その後、価格が136円に値上がりした場合の評価損益は10000円になります。

評価損益=(136-135)×100CFD×100倍=10000円

(2012年07月15日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

画像から探す

猿猴杉

ジャパンカンナ

A1407PT

澤田真吾

PSEマーク

822P

コンパクト スウィング

ラウム



©2017 Weblio RSS