「凹凸」を含む用例

凹凸の皺 (Wikisource)
凹凸の皺 - Wikisource 凹凸の皺 提供: Wikisource 移動: ナビゲーション , 検索Wikisource:文学 < 『 死刑宣告 』 [ 編集 ] 本文 凹凸の皺 萩原...
ja.wikisource.org/wiki/凹凸の皺
差は数秒あるいは数分不定なる週期をもって急激に変化するを見出すべし。すなわち小規模、短週期の変化を特に注意すれば上の微分係数は決して小ならず。かくのごとき眼より見れば、実際等温線大小無数の波状凹凸を有しこれが寸時も止まらず 蠢動しゅんどう ) せる...
www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/42700_19220.html
宮澤賢治 龍と詩人 (青空文庫)
宮澤賢治 龍と詩人 龍と詩人 宮澤賢治 龍のチャーナタは洞のなかへさして來る上げ潮からからだをうねり出した。 洞の隙間から朝日きらきら射して來て水底の岩の凹凸をはっきり陰影浮き出させ、また...
www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/4865_14855.html
ときのかの子さんの印象は、自身の白い滑らかさ、ふっくらした凹凸色彩とりどり自身で味いたのしみながら辿っているとでも云う心理に映った。主婦として女中さん待遇について話すようなときも、同じその感覚が、自身...
www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/2802_8849.html
上の眉のひさしがやや眼にのしかかり気味でそれが眼に陰影与える。眼と嘴と額との国境のような 凹 ( へこ ) んだ三角地帯に、 剛 ( こわ ) い毛に半ば 埋 ( うも ) れるように鼻孔がこの辺のこなしを引締めている。文鳥...
www.aozora.gr.jp/cards/001168/files/46501_25619.html
樹海の中を登りつめるので、見はらしはなし、谿流は添わず、大英全体眺める事の出来ない凹凸の多い山なので、ひととおり登山丈では、一向変化のないつまらぬ山と思えるのもむりはない。 だが、彦山一夏を過して、古老...
www.aozora.gr.jp/cards/000606/files/43592_17037.html
寺田寅彦 小爆発二件 (青空文庫)
わち台風観測される最大速度同程度のものであったらしい。 煙の外側の膚はコーリフラワー形に細かい 凹凸おうとつ ) を刻まれていて内部擾乱渦動じょうらんかどう ) の劇烈なことを示している。そうして、従来...
www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2507_13840.html
世ののであるやうで、又幽界のものである様な、不思議な美さを持つ。 そのモデリング(丸味凹凸調子)は又不思議である。微妙なそのふくらみ陰影明るみとの不思議微細なテクニツクによつて織り出されてゐる。その...
www.aozora.gr.jp/cards/000251/files/1389_18417.html
く ) 的偉大さを、 駭 ( おどろ ) くべき簡単なる曲線で、統整して、しかも委曲至っては、富士で 謂 ( い ) うところの八百八谷の線から、おのずと発生する凹凸面の、複雑なる入り乱れのために、眼も...
www.aozora.gr.jp/cards/000027/files/49585_38161.html
運動全般退潮していて、間接な意味ででも一定の方向とか規準とかいうものが明瞭にあらわれていない。しかも、文化面だけでも社会対立意識する心にはそれが鋭く感じられる時期であるから、この三つ事情相互に絡み合いの上外部とのめり張りによって局部局部では凹凸...
www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/2771_8787.html
宮本百合子 五月の空 (青空文庫)
れる道がなく寥しい。 空は円く高く 地は低く凹凸持ち 人は、頭を程よい空間に保って はじめ二つの心が、謙虚な霊を貫くのだ。 心 自由に 自由に 何処までも 行こうとする心。 十三少年のように 好奇満ち精力...
www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/4177_14770.html
其れだからいちばん根源的なものであると言える彫刻はいちばん根源的芸術である。 私の薬指の腹は、磨いた鏡面凹凸触知する。此は此頃偶然に気のついたことであるが、ガラスにも横縦がある。眼をつぶって普通の 玻璃 ( はり ) 面を...
www.aozora.gr.jp/cards/001168/files/46370_25627.html
沈積空間的に週期的になる。そうして、ある大きさの週期のものが最も安定であって、それに因る沈積結果から生ず凹凸おうとつ ) が、ちょうどその渦流好都合なような器械条件相応すれば、この凹凸...
www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2354_13803.html
ハッタンへんのようにはなはだし凹凸おうとつ ) がある。ただ違うのはこっちのいちばん高い家の高さがかの地のいちばん低い家の高さに相当する点であろう。このちぐはぐ凹凸は「近代的感覚」があ...
www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2478_9721.html
伊太利亜の古陶 (青空文庫)
のはずみで忽然自身信念がその作品に対して明確に形造られるのであった。 彼は、時々恐ろしく凹凸市街道路揺り上げ揺り下げられながら、衣嚢から先刻備忘録をとり出した。そして、スケッチマジョリカを見なおし、彼の謂う捏(こ)ねかたを始めた。 みや子は、黒絹...
www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/1953_5822.html
鰊漁場 (青空文庫)
網は長さ四十間にわたって海底敷設する箱形の網である。そしてその箱の底をなす敷網起して嚢網中に入り込んでくる捕獲する装置である。だからもしも網を敷設する海底が、岩礁や、貝や、その他の障害物によって凹凸はげしければ、波の...
www.aozora.gr.jp/cards/000008/files/1083.html
車は一斉にゆるゆる凹凸の路に土煙を捲きながら、再び軋み始めた。 「 態 ( ざま ) を見ろ! 貴様等がいくら意地張ろうとも、どうにもなるもんじゃないのだ。」 隊長は埃と汗まびれの顔をやけに拭った。そし...
www.aozora.gr.jp/cards/000219/files/2931_11976.html
蘭郁二郎 足の裏 (青空文庫)
んだりして、いい気持そうに 浴 ( ゆあみ ) しています。横の腰掛けに腰をかけている女のお尻が、お供餅の様に尨大で、よく見ると月世界表面のように、ポツポツの凹凸があったり……、銅像を下から 覗...
www.aozora.gr.jp/cards/000325/files/43425_24872.html
寺田寅彦 軽井沢 (青空文庫)
らかなすそ野の果ての遠いかなたの田野向こうには、さし身を並べたような山列が斜め向き並び、その左手の山の背には、のこぎり歯というよりは 乱杭歯らんぐいば ) のような 凹凸おうとつ ) が見える。妙義の山つづきであろう。この...
www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/1697_10184.html
は鉢の縁とコップとの摩擦によって起こる鉢の振動のためらしい事がわかった。 宅 ( うち ) の洗面台きわめて粗末な普通のいわゆる流しになっていて、木製の箱の上亜鉛板を張ったものであるが、それが 凹凸おうとつ ) があって下の板としっくり密着ていないために、洗面...
www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2349_13809.html
寺田寅彦 病室の花 (青空文庫)
両者顕微鏡検査してみて始めてわかるのではあるまいか。一方はただ不規則乾燥したそして簡単な繊維集合か、あるいは不規則凹凸おうとつ ) のある無晶体の 塊 ( かたまり ) であるのに、他方は複雑に、しか...
www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2436_10271.html
寺田寅彦 断水の日 (青空文庫)
絵はがき中に天文地文に関する図解写真コロタイプ印刷した一組のものが目についた。取り上げてよく見ると、それはずいぶん非科学的な、そして見る人に間違った印象知識与えるものであった。なかんずく月の表面の 凹凸おうとつ ) の...
www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2445_10301.html
ッツバーゲンの北西隅にあるアムステルダム島は、わが右舷のかたに当たって見える——島は火山岩凹凸おうとつ ) 線をなし、氷河現出している白い地層線と 交叉 ( こうさ ) しているのである一直線にしても優に九百マイルはある。グリ...
www.aozora.gr.jp/cards/000009/files/43471_16648.html
らしい。己はどんなざまに声をあげたらうか。凹凸に截られた、石畳の隅で、彼等街衢から出はづれ台地を降る者の、塩を 銜 ( ふく ) んだ頤がのやうに緊るのを知つた時。その不可解一瞥に、蒼ざ...
www.aozora.gr.jp/cards/000765/files/3055_8290.html
のだった。高さは人家三階に及び、長さ七百尺に及んでいた。その郭外の広い入り口すなわち三つ街路を、一方から他方までふさいでいた。 凹凸おうとつ ) し、錯雑し、 鋸 ( のこぎり ) 形をし、入り...
www.aozora.gr.jp/cards/001094/files/42604_26198.html
永井荷風 海洋の旅 (青空文庫)
長崎港外の海湾湖水の様な瀬戸内海から荒涼たる紀州半島凹凸 ( あふとつ ) の甚し伊豆の岬に至るまで、海から眺望する日本の風景はいかにも青々として、いかにも優しく、いか...
www.aozora.gr.jp/cards/001341/files/50278_37786.html
海野十三 東京要塞 (青空文庫)
ところ塗ってしまわないと、直ぐ固まってしまうのだった。つい 凹凸でこぼこ ) が出来たり、 罅 ( ひび ) や筋が入る。すると松竹梅の三監督がやってきて、やり直し命ずる。なかなか骨の折れる仕事だった。 この...
www.aozora.gr.jp/cards/000160/files/3525_18465.html
葛西善蔵 贋物 (青空文庫)
りの畠を隔て家主茅屋根が見られた。 雪庇いの 筵 ( むしろ ) やら ( こも ) やらが汚ならしく家のまわりにぶら下って、刈りこまない粗葺きの茅屋根は朽って凹凸になっている。 「……これかい、ずいぶんひどい家だねえ」 耕吉...
www.aozora.gr.jp/cards/000984/files/49755_39739.html
なものと恢復しきらないうちに、その歪み正常化するような社会事情準備し、客観レンズ奇妙な凹凸鏡にすりかえて、それに映れば焦点がわれて、かざされる剣が光輪のようにも見える状態をつくろうとしはじめている。 第一...
www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/2966_10049.html
原民喜 火の踵 (青空文庫)
音楽学校であつたが、ふと彼の目には原子爆弾から突如生誕した建物のやうな気もする。その凹凸小路をヴアイオリンのケースを提げた若者たちいそいそと通つてゐた。物置小屋の前の花畑には金盞花矢車草スイ...
www.aozora.gr.jp/cards/000293/files/4752_6674.html




他の用例のページ

Arthur Conan Doyle  LES MISERABLES  Victor Hugo  Wikisource  アムステルダム島  ナビゲーション  伊太利亜の古陶  北極星号の船長  骨の折れる仕事  に当たって  コロタイプ  シャスタ山  マジョリカ  ミゼラブル  モデリング  変化のない  宮本百合子  豊島与志雄  高村光太郎  BLES  と言える  やり直し  アルプス  シベリヤ  スケッチ  ターレー  ハッタン  ビクトル  フラワー  ユーゴー  中間報告  乾燥した  二つの心  五月の空  何処まで  入り乱れ  出来ない  原子爆弾  向こうに  女中さん  寺田寅彦  小島烏水  岡本綺堂  岸田劉生  微分係数  意識する  揺り上げ  日本の風  日記より  杉田久女  東京要塞  死刑宣告  永井荷風  海野十三  瀬戸内海  絵はがき  自然現象  若者たち  葛西善蔵  蘭郁二郎  逸見猶吉  里村欣三  音楽学校  ERA  LES  MIS  かの地  オリン  ガラス  ケース  コップ  コーリ  ジャン  ジョン  チャー  ドイル  マイル  マリス  レンズ  ヴァル  一定の  一斉に  一直線  三角地  上げ潮  下って  不可解  乱杭歯  偶然に  備忘録  入り口  八百八  出来た  医学生  単なる  原民喜  同程度  大きさ  奇妙な  好都合  始めて  小規模  明るみ  明瞭に  月の表  月世界  松竹梅  根源的  正常化  洗面台  火の踵  火山岩  物理的  相互に  矢車草  科学的  等温線  縞模様  腰掛け  自然界  至って  英彦山  見られ  諸問題  足の裏  軽井沢  近代的  金盞花  長崎港  障害物  顕微鏡  鰊漁場  一夏  一方  一瞥  一組  七百  三階  不定  世界  両者  主婦  主題  九百  予報  事情  亜鉛  交叉  人家  他方  伊豆  作品  信念  先刻  光輪  全体  全般  内部  写真  凹凸  劇烈  北西  十三  半島  印刷  印象  古老  台地  台風  右舷  名作  器械  四十  図解  国境  土煙  地層  地文  変化  外側  外部  大小  大英  天文  奇異  好奇  委曲  婦人  安定  客観  家主  密着  富士  寸時  対立  小屋  小路  少年  尨大  局部  岩礁  左手  市街  幽界  建物  彦山  彫刻  彼等  待遇  従来  微細  心理  忽然  思議  怪談  恢復  意地  感覚  抜萃  振動  捕獲  摩擦  擾乱  数分  敷網  敷設  文化  文学  文鳥  断水  方向  日常  時期  曲線  最大  朝日  木彫  木製  本文  条件  検査  検索  横縦  樹海  気持  水底  氷河  沈積  波状  注意  洗面  海底  海洋  海湾  渦動  渦流  湖水  準備  焦点  爆発  物置  玻璃  現代  現出  生誕  田野  病室  発生  登山  監督  相応  眺望  知識  石畳  社会  移動  空間  第一  第五  粗末  精力  紀州  結果  編集  繊維  美術  自身  色彩  花畑  芸術  茅屋  荒涼  萩原  薬指  蠢動  血脈  街衢  街路  衣嚢  表面  装置  規則  規準  観測  触知  触覚  詩人  詩集  調子  謙虚  谿流  貴様  贋物  身辺  退潮  速度  運動  道路  郭外  銀座  銅像  錯雑  鏡面  間違  陰影  隊長  隙間  集合  雪庇  鼻孔

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

画像から探す

フリーザー

ラトゥール

ソハールサージャンフィッシュ

空挺傘

大ヨークシャー

カベルネ・ソーヴィニヨン

白縞女竹

塩沢堰



©2016 Weblio RSS