「余り」を含む用例

芥川龍之介文芸的な、余り文芸的な 続文芸的な、余り文芸的な 芥川龍之介 一 「死者生者」 「文章倶楽部」が大正時代作品中、諸家記憶に残つたものを尋ねた時、僕も...
www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/190_15141.html
芥川龍之介 文芸的な、余り文芸的な 文芸的な、余り文芸的な 芥川龍之介 一 「話」らしい話のない小説 僕は「話」らしい話のない小説最上のものとは思つてゐない。従つて「話」らし...
www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/26_15271.html
www.aozora.gr.jp/cards/000355/files/49738_34436.html
枕草子/第三段 (Wikisource)
ja.wikisource.org/wiki/枕草子/第三段
宮本百合子 四時変化と関りのない書斎 四時変化と関りのない書斎 宮本百合子 特に夏期書斎としての注文思い当りません。余り明るくなく近く樹木欲しく、静か...
www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/15960_28861.html
宮本百合子 私の事 (青空文庫)
から力の及ぶ限り何物かを見出し行き度いものだと思わずにはいられない。非常に数多く、「初めて」の経験自分驚かせる時には、眼や口や耳や頭が、驚異余り散り散りばらばら成りそうにさえ成る。生活は、何と云っても素晴らしい。有難く、謹んで、じり...
www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/3691_13078.html
宮本百合子 働く婦人結婚について 働く婦人結婚について 宮本百合子 働いている婦人は、そういう生活につかれているところもあって、結婚したら家に落付き余り苦労したくなく思うのもわかりますが、実際...
www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/3931_12747.html
芥川龍之介 仙人 (青空文庫)
家財を運ぶのは勿論彼には何でもなかつた。が、彼是二百余り瓢箪 ( へうたん ) を運ぶことだけはどうすることも出来なかつた。 「汽車に積んでも、馬車に積んでも、無事には着かないのに違ひない。」 この仙人はいろいろ考へた揚句、とう...
www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/2325_13462.html
岸田國士 ファンテジイ ファンテジイ 岸田國士 写実主義者たるべく余り詩人であり、浪漫主義者たるべく余り哲学者である芸術家——その一部は、彼らが若し自己の生活を肯定するならば、恐ら...
www.aozora.gr.jp/cards/001154/files/44350_34164.html
しなやかなたよたよしいがそよりともしないと云うのは—— 若し指を触れたら温かい血行感じ人間の皮膚の通りな弾力感じるだろうと思う程「なまなましふくらみ」を持って居る木は、私に植物云うより寧ろどうしても動物——而かも人間の女の様な気持を起させた。 余り...
www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/7934_34406.html
のも訪問着など出来まして真に立派な服飾時代入りましたが、現在の帯は余りに広巾すぎて、私達今後何とか改良されるべきものであるという事考えさされています。勿論これは私の好みではありますが、もっと現在の帯を簡略にして巾をせばめ、結び...
www.aozora.gr.jp/cards/000355/files/49741_34441.html
五年は顧みる早いようだが、中々長い歳月である。大抵な大事業は計劃せられ、実行せられ、終結せられて十分余りある。昔の悠長時代さえ前九年後三年十二年で東北征伐の大遠征を終ってる。平家...
www.aozora.gr.jp/cards/000165/files/2395.html
たいあんなに金をためてどうするりょうけんだろうと言って苦笑していた。先生これからさき、日本政府からもらう恩給と、今まで月給余りとで、暮らしてゆくのだが、その月給余りというのは、天然自然にできたほんとう余りで、用意結果でもなんでもないのである。 すべ...
www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/771_13905.html
言語体の文章と浮雲 (青空文庫)
って同君の名を知り伎倆を知り其執筆苦心の話をも聞知ったのでありました。 当時所謂言文一致体文章云うものは専ら山田美妙君の努力によって支えられて居たような勢で有りましたが、其の文章組織色彩余り異様であったために、そして又言語実際には却て遠(とおざ)かっ...
www.aozora.gr.jp/cards/000051/files/1446.html
がそれに就て語ると、あらはに不興な顔をしたり、軽蔑するやうな顔付をした。牧野さんにとつて生きることは難く、死は余りに容易であつたのだ。死に一文の値打もなく語る値打もなかつたのだらう。 私は...
www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42983_21268.html
齋藤茂吉 鯉 (青空文庫)
見えるまで澄んだ最上川を見おろすことがあつても、つひぞの姿を見たことがなかつたからである。 然るに友人は、安のこの話に継いで、去年六月ごろ、三尺に余る真鯉売りに来たが、余り大きいので却つて気味悪がつて買はなかつたが、胴の...
www.aozora.gr.jp/cards/001059/files/5074_14192.html
芥川龍之介 犬養君に就いて 犬養君に就いて 芥川龍之介 犬養君の作品は大抵読んでいるつもりである。その又僕の読んだ作品何れも手を抜いたところはない。どれも皆丹念出来上っている。若し欠点挙げるとすれば余り...
www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/43363_26112.html
岸田國士 希望 (青空文庫)
岸田國士 希望 希望 岸田國士 私は不勉強行動主義の何であるかといふことを今日まで余り注意しないでボンヤリしてゐた。唯行動主義といふ言葉自分勝手概念を作つてゐたやうなわけで、非常...
www.aozora.gr.jp/cards/001154/files/44434_17930.html
岸田國士 女性風俗時評 女性風俗時評 岸田國士 女の間に「キミ」「ボク」といふ言葉流行してゐる。女同士会話には非常にはやつてゐるのだが、さすがにまだ男と女と会話には余り出て来ない。もつ...
www.aozora.gr.jp/cards/001154/files/44440_36732.html
宮本百合子 芸術家国語 芸術家国語 宮本百合子 日本語云うものが、地球上、余り狭小部分にのみ通用する国語であると云うことは、文筆携る者にとって、功利的考えれば、第一、損な...
www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/3711_12737.html
なら一般観衆レベルそこまで高いと思いこんでいるようで。 こういう役所の人たちが、日本の文化人のセンス程度余りよく知っていないということは、様々の現実の不便を招いているのだろうと思う。海外へおくる映画そのほかのものに、屡々...
www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/4225_14804.html
人物も常に変転交錯しつゝ展開して行きます。 物語かような心理的開法近代文学のあたりまえの型ですが、少しずつ毎日分けて読む新聞小説では、前後脈絡をたどるに不便ですから、余り試みられたことがなかったようです作者...
www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42845_31180.html
坂口安吾 夏と人形 ——南国便り—— 夏と人形 ——南国便り—— 坂口安吾 貴方は南国傀儡 ( くぐつ ) を御存じですか? (と物識り旅行家が私に話してきかせました) 文楽舞台比べては余り...
www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/45823_34969.html
正岡子規 酒 (青空文庫)
の室に帰って来た時は最早酔がまわって苦しくてたまらぬ。試験用意などは思いもつかぬので、その晩はそれきり寐てしまった。すると翌日試験には満点百のものをようよう十四点だけもらった。十四点とは余り例のない事だ。酒も悪いが先生もひどいや。 〔『ホトトギス第二...
www.aozora.gr.jp/cards/000305/files/50402_39081.html
抽象ではなく具象である。それ故に人に親しまれ難い。余り芳ばしい香を漂わせ、余り凛乎たる気魄示し余り清らか色彩成り余り妙味あるに咲くが故に人間離れのした感じを以て人を郤けがちである。然しながら梅花...
www.aozora.gr.jp/cards/000906/files/42475_21074.html
をもって、神は、人類同一罪責を負わさんとて、各のものに、例外なく被造物のうちに描写されている神の権威呈示給う故に、天にあり又地にありて、すべてのものの眼に注がるる光輝は、人間忘恩に対して一切弁護を十分に奪い去って余り...
ja.wikisource.org/wiki/創造主なる神に到達するために、導き手および教師として聖書が必要である
芥川龍之介 女体 (青空文庫)
がやがて、はっと眼がさめたような気に帰ったと思うと、いつか楊の魂はあのの体へはいって、汗臭い寝床の上を、 蠕々然 ( ぜんぜんぜん ) として歩いている。楊は余りに事が意外なので、思わず茫然と立ちすくんだ。が...
www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/114_15224.html
芥川龍之介 又一説? (青空文庫)
も何か言へとのことである。僕は作歌上の 素人しろうと ) たる故、再三古木君に 断 ( ことわ ) つたところ、素人なればこそ尋ねに来たと言ふ、即ちやむを得ずペンを 執 ( と ) り、原稿用紙に向つて見るに、とり...
www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/3789_27348.html
アの大飢饉云うことに対しても、真の意味で、友誼的であるべき諸邦の愛が、私は、余り鈍っていると思う。 確に或る国は率先して華々しく救済任務を負い始めた。けれども、その動機に鋭い直覚を持つ者は、切角の施物も、苦々...
www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/3144_10771.html


用例の品詞分類





他の用例のページ

文芸的な、余りに文芸的な  牧野さんの祭典によせて  Wikisource  「花妖」作者の言葉  ケーベル先生の告別  散り散りばらばら  雨が降って居る  結婚について  ホトトギス  国際観光局  宮本百合子  日本の文化  生きること  社会的地位  言文一致体  豊島与志雄  という事  と言って  ファンテ  上村松園  人間の皮  人間離れ  例外なく  写実主義  原稿用紙  坂口安吾  夏と人形  夏目漱石  大正時代  天然自然  少しずつ  山田美妙  新聞小説  日本政府  時代の娘  正岡子規  死者生者  浪漫主義  率先して  男と女と  素晴らし  自分勝手  行動主義  近代文学  風俗時評  驚かせる  それ故  でも、  センス  ビット  レベル  不勉強  二十五  今まで  何れも  余りに  倶楽部  出て来  分けて  前九年  創造主  功利的  哲学者  大飢饉  女同士  実際に  導き手  就いて  後三年  御存じ  心理的  旅行家  日本語  最上の  最上川  枕草子  汗臭い  清らか  物識り  現在の  知って  自己の  芸術家  被造物  訪問着  試写会  通りな  一切  一文  一般  一説  一部  三尺  不興  丹念  事業  二百  交錯  人物  人間  人類  今後  今日  今迄  仙人  任務  伎倆  会話  何物  作品  作歌  作者  傀儡  先生  光輝  六月  具象  凛乎  到達  前後  努力  動機  動物  十二  十四  南国  去年  友人  友誼  古木  同一  同君  呈示  四時  国語  地球  執筆  変化  変転  夏期  女体  女性  妙味  婦人  実行  家財  寛政  寝床  小説  岸田  希望  平家  年間  弁護  弾力  当時  役所  彼是  征伐  忘恩  恩給  悠長  所謂  抽象  描写  揚句  改良  救済  教師  文人  文楽  文章  文筆  施物  映画  時代  書斎  月給  月蝕  有難  服飾  東北  梅花  植物  概念  権威  樹木  欠点  歳月  毎日  気品  気持  気魄  汽車  注意  注文  流行  浮雲  海外  満点  牧野  物語  犬養  狭小  現実  瓢箪  用意  異様  直覚  真鯉  私達  程度  第一  第三  第二  簡略  納涼  素人  終結  組織  経験  結婚  結果  罪責  翌日  聖書  聞知  肯定  脈絡  自分  舞台  色彩  芥川  苦労  苦心  苦笑  茂吉  茫然  血行  観衆  言葉  言語  記憶  試験  詩人  諸家  軽蔑  通用  進歩  遠征  部分  開法  顔付  風俗  馬車  驚異

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

画像から探す

ネルドリップ

トリュフ

島木鳥居

ランナーズタグ

特定保健用食品

畿内丸

フェリー お き

鉄鉱石船



©2016 Weblio RSS