「伏す」を含む用例

中央大学校歌 (Wikisource)
立てりこれ吾校舎 質実剛健これ吾校風 とぶ龍は池中に潜み 濤蹴る巨は雌伏すとかや 堅忍自重これ吾母校 [ 編集 ] 第二校歌 昭和3年1928年)に制定された。 作詞:小林一郎当時教授作曲: 山田耕筰 皇国...
ja.wikisource.org/wiki/中央大学校歌
寺田寅彦 秋の歌 (青空文庫)
りも高くふるえて、やがて 咽 ( むせ ) ぶように落ち入るヴァイオリン音の、起伏するのを受けて、山彦答えるように、かすかなセロのような音が響いて来る。それが消えて行くのを、追い縋りでもするように、また...
www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/24389_14050.html
大町桂月 牛經 (青空文庫)
天下ひろしといへども、今の世蜀山人ならで、かゝる句を咏み得るものあらむやと言はれ、吉原第一今日限りと、齒をくひしばり、わつとばかり泣き伏す水莖の跡うるはしき一片玉章は、牛と鳴きと...
www.aozora.gr.jp/cards/000237/files/48674_34151.html
子規 闇汁圖解 (青空文庫)
く句無し。 一、一個大鍋座敷中央に据ゑられ、鍋を圍んで坐する人九人、伏す一人いづれも眼を圓くし、鼻息を荒くして鍋の中睥睨す。鍋の中から仁木彈正でもせり上りさうな見え [#「え」は「江」のく...
www.aozora.gr.jp/cards/000305/files/43618_16922.html
戦士の種族 (Wikisource)
社会構造”と述べていたのはこのことだったんだ」ファニーアが陰気口調で言った。彼は宇宙服を脱ぎさってカイコに寝そべった。「やつらの戦争のやり方が、まさか敵が降伏するまで自殺続けることだったなんて」 「あい...
ja.wikisource.org/wiki/戦士の種族
民主的文学運動の実際いくらかでも知っている人にとっては思いもそめないことである。作家がより高い達成のために謙そんであるということは本質をゆがめた評価に屈伏することではない。 〔一九四九年三月〕 底本:「宮本百合子全集 第十三巻」新日本出版社 1979(昭和54)年11月20...
www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/3002_10121.html
いやなものが強制されればやむを得ないと、屈伏す前提ででもあるかのように、ひそひそ私語がかわされていた。したがって、社会心理に及ぼす効果をしらべると、戦争なんて、いやですわねえ、とあっちできこえこちらで囁かれる声が、却っ...
www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/3285_10960.html
士は眞蒼になりて戰きつゝ、 『 忘れません 。』 其聲、其呼吸、其姿、其聲、其呼吸、其姿。伯爵夫人嬉しげに、いとあどけなき微笑含みて、高峰の手より手をはなし、ばつたり伏すとぞ見えし、唇の色變りたり。 其時の二人が状、恰も...
www.aozora.gr.jp/cards/000805/files/45620_20054.html
ら ) かの 怪 ( かい ) が必ず潜んでいる。よく屋外よりも屋内淋しいものだというが、荒廃に帰した宮殿の長廊下など、その周囲事情から壁や色合などへかけて彼等の潜伏する場所として屈強棲家...
www.aozora.gr.jp/cards/001353/files/49213_33032.html
太宰治 一燈 (青空文庫)
の 辺 ( へ ) にこそ、とは日本のひと全部の、ひそかな祈願の筈である。さして行く 笠置 ( かさぎ ) の山、と 仰 ( おお ) せられては、藤原季房ならずとも、泣き伏すきまっている。あま...
www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/273_20007.html
獲物爲に吼えて、其の食を神に乞う日出づれば、彼等集まりて己の穴に伏す。 人は其の工作爲に出で、労き暮れに至る。 主よ、爾の工業何ぞ多き、皆智慧を以て作れり、地は爾の造物にて満ちたり。 夫の大にして広き海、彼處...
ja.wikisource.org/wiki/第十四「カフィズマ」
なものが出来た訣ではない。勿論、此鹿の謝罪誓約が、獅子舞ひの全部ではない。鹿の降伏す所作を持つた舞ひの上に、獅子舞ひが入つて来たとも見られる。とにかく、古く日本芸能に、鹿の謝る所作を持つたものゝあつた事だけは、万葉...
www.aozora.gr.jp/cards/000933/files/46329_26563.html
ようにわたしたちは、起伏す社会現象はげしく身にうけながら、そこからさまざまの感想批判疑問とをとり出しつつ、人間らしい人生求め航路そのもの放棄してはいない。昔の女性が世間智とりあつめ常識は、すで...
www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/4141_14749.html
太宰治 玩具 (青空文庫)
憤怒の鬼と化し、母は泣き伏すもとより私は、東京離れ瞬間から、死んだふりをしているのであるどのような 悪罵 ( あくば ) を父から受けても、どのような 哀訴 ( あいそ ) を母から受けても、私は...
www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/257_19947.html
大杉栄 征服の事実 (青空文庫)
てこんなふうに一人一人別々に支配して行くのが面倒臭くなって、何とか纏った統治方法要求せられて来た。 すなわちもっともしばしば犯される行為の種頬を圧伏するために、ある一般的規則設けることが発明せられた。そし...
www.aozora.gr.jp/cards/000169/files/2311_13471.html
やきごゑ ) のそこはかと、 鬚長頴 ( ひげながかひ ) の胸のうへ、 覚めたる波の 揺動ゆさぶり ) や、うねりも 貴 ( あて ) におほどかに 起きてまた伏す行末は 沙 ( すな ) たち...
www.aozora.gr.jp/cards/000235/files/2259_34474.html
泉鏡花 多神教 (青空文庫)
まっしゃれ。 御酒 ( みき ) のお流れ一つ進じよう。神職ことづけじゃ、 一所いっしょ ) に、あれへ参られい。 後見 なあよ。 太鼓の男 おおよ。( 言交 ( いいかわ ) す。) 道化の面の男 かえ...
www.aozora.gr.jp/cards/000050/files/45941_26582.html
また猟夫を追う。また子一つ落す拾いに伴い帰りてまた拾い奔る。かかる間に猟師余すところ虎の子供を全うして船に乗る。母虎浜に立ちて望み見ていたずらに 惆恨 ( ちゅうこん ) す」と。しか...
www.aozora.gr.jp/cards/000093/files/526_28258.html
岡本かの子 狐 (青空文庫)
くしは、もとからでも夫持ちでもご、ご、ございません。(泣き伏す) ——ばかな女、いやだな。今更、それを聞いておれが悦んだり慰んだりすると思うのか。人並の恋がしたけりゃこのわたしとて、今ま...
www.aozora.gr.jp/cards/000076/files/50620_38421.html
寒山落木 卷一 (青空文庫)
田の雁 夕榮や雁一つらの西の空 片端は山にかゝるや天の川いとけなき頃よりはぐゝまれし嫗のみまかり給ひしと聞くに力を失ひて】 添竹折れて地に伏す瓜の花立て別れやあはれ暖鳥 一夜...
www.aozora.gr.jp/cards/000305/files/1896.html
芥川龍之介 仙人 (青空文庫)
多い床の上について、平伏するような形をしながら、首だけ上げて、下から道士の顔を眺めているのである道士は、曲った腰を、苦しそうに、伸ばして、かき集め紙銭両手で床からすくい上げた。それから、それを 掌 ( ての...
www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/143_15209.html
中島敦 山月記 (青空文庫)
もは己の聲を聞いて、唯、懼れ、ひれ伏すばかり。山もも月も露も一匹の虎が怒り狂つて、 哮 ( たけ ) つてゐるとしか考へない。天に躍り地に伏して嘆いても、誰一人己の氣持分つて呉れる者はない。恰度人間だつた頃、己の...
www.aozora.gr.jp/cards/000119/files/623_18353.html
母子叙情 (青空文庫)
越すほど街の灯は燦き出して来る。そして、これが最後の山の手区域と訣(わか)れる一番高い坂へ来て、がくりと車体前屈(まえかが)みになると、東京中央部から下町へかけて一面灯火の海が窓から見下ろせる。浪のように起伏す...
www.aozora.gr.jp/cards/000076/files/1282_1856.html
北村透谷 我牢獄 (青空文庫)
孤飛する雌蝶の羽がひを我が先に打ち落す事もあり、かつて 暴 ( あ ) らかりしものを、彼女に会ひてより和らげられし我が心も、度々の夢に伏す野に迷ひ、獅子 吼 ( ほ ) ゆる 洞 ( ほら ) に投げられしより、再び 暴 ( あ ) れに...
www.aozora.gr.jp/cards/000157/files/43505_18571.html
けてゆく馬に踏みしだかれて、波のように起伏する。それが右からも左からも、あるいは彼の 辮髪べんぱつ ) を 掃 ( はら ) ったり、あるいは彼の軍服を叩いたり、あるいはまた彼の頸から流れている、どす黒い血を拭ったりした。が...
www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/91_15186.html
何処へ行く誰がお前を幸福にし、お前に感謝されるのだ! あゝ、おれはどうすればいゝんだ。(手に持つた短刀を胸にあて、ぐいと力を入れて、そのまゝ女の死体の上に突つ伏す) 幕 底本:「岸田國士全集5」岩波...
www.aozora.gr.jp/cards/001154/files/46869_30573.html
全集」とその出版社文化賞を与えることに決定したのであった。このことは毎日文化そのもの社会的文化的意義動揺を語っている。文化賞の対象選定にあたって、「老舗」ののれんが物をいう反民主性に屈伏す...
www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/3019_10155.html
幸田露伴 囲碁雑考 (青空文庫)
情趣有り。 ○離 たる馬目、連 たる雁行。 度間置し、徘徊中央す。 離 連 の二句、棊子の布置羅列の状をいふ。 度間置は棊子の相接せずして相助くるをいひ、徘徊中央は棊子のたゞ雌伏すのみならず、却て...
www.aozora.gr.jp/cards/000051/files/3330_34610.html
テコな単純な事実の驚くほど健全な逞しさ見せつけられたように思った。これが戦争の姿なんだ、と思った。 そうかと思うと、私が命カラガラ爆撃逃げ麦畑飛びこんで俯伏すと、この野郎国民のイノチのもとの麦畑踏み荒すとは何事か、と私...
www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42824_26495.html


用例の品詞分類





他の用例のページ

不吉の音と学士会院の鐘  Wikisource  帝銀事件を論ず  これが最後の  ヴァイオリン  新日本出版社  知っている人  首が落ちた話  カフィズマ  中央大学校  何処へ行く  余すところ  宮崎湖処子  宮本百合子  岡本かの子  死んだふり  ファニー  一人一人  伯爵夫人  北村透谷  十二支考  南方熊楠  坂口安吾  大町桂月  寺田寅彦  小林一郎  山田耕筰  幸田露伴  折口信夫  母子叙情  犯される  相接せず  社会構造  社会現象  落ち入る  見られる  質実剛健  お流れ  に伴い  カイコ  ニック  一般的  上田敏  世間智  中央部  中島敦  今の世  伏して  出来た  出版社  外科室  多神教  大杉栄  天の川  太宰治  嬉しげ  宇宙服  山の手  山月記  岩村透  平伏す  我牢獄  文化的  昔の女  民主的  泉鏡花  海潮音  獅子舞  瓜の花  田遊び  社会的  秋の歌  窓から  立てり  蜀山人  街の灯  誰一人  逞しさ  運動の  鍋の中  一九  一人  一個  一匹  一夜  一所  一片  一面  万葉  下町  両手  中央  事実  事情  二人  人並  人生  人間  仁木  今年  今日  仙人  伝説  何事  作家  作曲  作詞  俯伏  全部  全集  八面  制定  前屈  前提  効果  動揺  区域  口調  史話  吉原  周囲  呼吸  哀訴  囲碁  国民  圧伏  堅忍  大鍋  天下  太鼓  子規  実際  宮殿  寒山  対象  屈伏  屈強  屋内  屋外  山彦  岩波  岸田  工作  工業  布置  常識  年三  底本  座敷  廊下  強制  当時  彼等  征服  後見  徘徊  御酒  微笑  心理  恰度  悪罵  情趣  意義  感想  感謝  憤怒  戦争  戦士  所作  批判  揺動  支配  放棄  教授  文化  文学  方法  日出  日本  昭和  智慧  暖鳥  本質  東京  校歌  校舎  校風  棲家  概念  死体  母校  毎日  民主  民俗  池中  決定  河上  添竹  潜伏  灯火  爆撃  片端  猟夫  猟師  獅子  獲物  玉章  玩具  疑問  発明  皇国  睥睨  瞬間  短刀  社会  祈願  神職  私語  種族  笠置  第一  第二  第十  紙銭  統治  編集  羅列  老舗  自殺  自重  航路  色合  芥川  芸能  荒廃  落木  藤原  行末  行為  要求  規則  訳詩  評価  誓約  謝罪  起伏  車体  軍服  辮髪  造物  道化  道士  達成  選定  選集  野郎  闇汁  降伏  陰気  雁行  雌伏  雌蝶  雑考  高峰  麦畑  鼻息

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

画像から探す

ウミゾウメン

FUJITSU M-1800モデルグループ

松岡佑起

フェルムトランブレイ・カマンベール

転圧コンクリート舗装

ビッグ・ディール

Chicken Wing

オオバギボウシ



©2016 Weblio RSS